ご挨拶

帯広市PTA連合会
会長 谷保 寿彦

 本年度、帯広市PTA連合会の会長を務めさせていただきます、谷保寿彦と申します。
平素は連合会の各種事業、部会委員会活動に多大なるご協力を賜り、まことに有難うございます。

 今年度はコロナ禍の中、各校のPTA活動もスタートすらままならない状況にあるかと思われます。
連合会の方でも、前年度臨時総会・今年度総会・役員研修会の中止、そして各部会も未だ開催できない状況のまま1学期を終えました。

 例年とは違った一年が始まっておりますが、こんな状況下だからこそ、今までなかなか取り組めずにいた事を各校PTAで校長先生や事務局の先生と話し合ってみては如何でしょうか?
PTA行事の見直しであったり、組織の簡素化であったり、また、「本来のPTA活動とは?」という本質的な部分をゆっくりじっくりと協議していただけたら、と思います。
先生・PTAの役員双方から”こんな事をしてもらいたい!”という積極的な意見交換も良いと思いますし、飲み会や学級懇談会以外での親と先生との交流の場を模索してみるのも「本来のPTA活動」に繋がるのではないでしょうか。

 一昨年より、連合会より提唱させていただいております「OBI-P STYLE」ですが、おかげさまで各校・各ブロックのPTA役員様にも浸透してきたのではないかと考えております。
  ①子どもの学びの環境変化を大人同士が学ぶ
  ②子どもの命と安全への環境を学び実践する
  ③より最適化したPTAの組織を学び実践する
以上の三点が柱となっておりますが、③に関しましてはwithコロナ・afterコロナを踏まえて今後更に重要になってくると思われます。

 PTAという枠組みは、やはり必要かと思われます。
なぜならば、親も先生もずっと学び続けなければいけないからです!
「子育てしてるから・・・・」「私は教師ですから・・・・」とは言っても、本当に大人のモラルを身に付けた立派な大人でしょうか??
違う立場である親と先生が互いに交流・切磋琢磨して、教育や社会に貢献できる大人を目指す、それこそがPTAの存在意義であると信じております。

 形はどうでも良いと思います。形に拘ってしまうので面倒くさい組織になってしまいます。
各校それぞれ多種多様のPTA活動が有ってOKです。連合会はサポートする立場で応援します。

今年度も帯広市PTA連合会に、ご指導ご鞭撻の程をお願い申し上げます。

帯広市PTA連合会 会長 谷保 寿彦